アーティスト支援施設Artist Cafe Fukuokaアーティスト紹介

タグから探す

グウナカヤマ

  • 現代アート
  • 書道

アーティストマッチングのご相談アーティストマッチングのご相談

書家。1975 年、長崎県壱岐島生まれ。小学 2 年から中学卒業まで書道教室に通う。40 歳の時、書家井上有一の自由でダイナミックな表現に感銘を受け、墨と紙を使った自分 なりの自由な表現方法を模索し始める。「鳥」をモチーフにした象形文字の様な作品を 1年以上掛けて自問自答しながらひたすら取り組んだ。そのうち作品数は 1000 を超え、 次第に題材となるテーマも多岐に渡り、やがてそれが自分の文字となった。目の前に現 れた作品を見ながら、遠い昔に文字を生み出した古代の人々に思いを馳せ、漢字の起こ りである甲骨文字や文字学についても制作の合間を縫って学び、自らの表現について常 に柔軟な考察を深めている。鳥、月、花、ALIVE、PAIN、星、無、少しずつではある が己の根底から湧き上がる自らの『文字』を増やし続けている。

主な経歴について

2023年
2023 年グループ展「 ART SHODO EDGE」(GALLERY SCENA・東京) アートフェア「ART FAIR TOKYO2023」(東京国際フォーラム・東京)
2022年
「 あたらしすぎる書道展」(MDP Gallery 鎌倉・神奈川 ) 「JAPAN SHODO SHOW2022」( 目黒区美術館区民ギャラリー・東京 ) 「ART SHODO- 進化する芸術運動としての書」( Gallery NOW・富山 ) 「書の現在」( 田口美術・岐阜 ) 「新しい境界を超えるファイナル・夢または自由 2022」(Art House 88・福岡 )

詳しい経歴についてはこちら

TOPに戻る